大会運営における諸問題と対応について

参加者における問題事例

事前の棄権連絡をして頂けなかったケースがありました。
リーグ戦の試合方法を1セットマッチから8ゲームズプロセットに変更できませんでした。
また、開会後の次のオーダーを入れることができませんでした。
会場ごとに担当レフェリーがプリペイド式携帯電話を持ち、ドロー案内に携帯電話番号とメールアドレスを明記していますので、ドロー発表後の棄権は必ず連絡してください。
各クラブの代表者のかたは、参加者の方に必ず要項をお渡しください。

 

フットフォールトが散見されました。
(トスアップ後に一歩前に踏み込む違反が多いようでした。)
「テニス規則18」に対する違反となります。
明らかな違反はレフェリーがコールします。
各クラブの練習時にご指摘頂きますようお願い致します。

 

服装規程に対する違反が散見されました。
コード違反となります。
また、試合途中での着替えは対戦相手に迷惑をかけてしまいます。
特別な事情のある方やご心配な点がある方は会場内のレフェリーまでお申し出ください。

 

ラインジャッジに関して、明らかに自分に有利な判定を繰り返しておられる方が散見されました。
(セルフジャッジの大会)
ロービングアンパイアによるオーバールールの対象となります。
ボールとラインの間にはっきりとスペースが確認できた場合のみ「アウト」または「フォールト」とコールしてください。

 

シングルス・スティックの設置を間違えている方がおられました。(団体戦)
「テニス規則1」に対する違反となります。
サイドラインの外側から0.914mのところを中心としてスティックを立ててください。
ご不安でしたら運営スタッフにお申し出ください。

 

運営サイドにおける問題事例

不成立クラス(特に女子A級)が発生した。
エントリーした方も不成立によって辞退して頂くことになった。
登録者数の増加のために、過去に退会されたクラブへ再登録を働きかける。(個人会員制度も紹介する。)
役員やクラブ代表者がクラブ内の未登録者を勧誘する。

 

ロストボールへの対応を誤っていた。
選手に対して不公平な事例が発生した。
試合開始後合計2ゲーム以内で発生した場合はニューボールを、3ゲーム以降で発生した場合はセットボールを、紛失した数だけ補充するように徹底します。

 

その他の問題事例

2006年度のルール改正により、MTO(メディカル・タイム・アウト)の規定が設けられました。
試合中のけが等に加えて痙攣の場合にも3分間の治療が認められました。
ケースに応じて細かい規定がございますので、まずは運営スタッフに申し出てください。